激しいプレイで股間に食い込む

大好評のアスリート×TOOTのコラボ企画。
アスリートがTOOTのアンダーウェアモデルとなり、レビューしてくれています。
その様子がなんともゲイのど真ん中に突き刺さる内容で、パンツよりもその肉体に目線が行ってしまします。

今回は佐藤隆司選手、馬渕海選手がTOOTのアンダーウェアをはいてインタビューを受けています。

プレイ開始

アメフト選手はやっぱり体がいいから、こういったパンツがとても似合いますね。
この体も笑顔も、ゲイ受けしますね。

この後プレイするのかな?

笑顔が最高

佐藤隆司選手は、TOOTのパンツを普段から愛用しているそうです。

普段のパンツ姿は、どんな感じなんでしょうか。
とても気になりますね。

愛らしい笑顔がたまりませんが、股間の膨らみもたまりません。

下半身にフィット

アメフトは激しいので、丈が短いパンツだと食い込んでしまうそうです。

だからロングタイプのボクサーパンツをはいてるとのこと。
このロングタイプのパンツ姿も、とても凛々しいですね。

この記事を見れば、あなたも下町ゴリラズ選手の一押しの、アンダーウェアをはきたくなります。